外国為替証拠金取引(FX)をやる興味深いところは単独の商品であるにもかかわらず、お金を掛ける期間を短い・普通・長いのどれを選択するのかによって、資本の投下の方策が全然変わるというところにあると言われます。まずは外国の貨幣へ投資の「長い時間をかけるスタンス」を見てみましょう。長期のスタンスというものは、一年以上の長期投資が原則とされているのです。まず為替の相場で一年以上先の為替相場が円高なのか、ないし円安だろうかを予想するということは、ほとんど無謀だと思います。通常なら「そんなに先のことは見当もつかない」と考えるのが実際のところかと思います。考えられないのに考えようと思っても、それは無駄なのです。そんなわけで外貨を買い、買った時の買いレートよりも円高に変動したとしても、それは待っていれば円安になるはずだという感覚で挑むものです。為替差益をがんばって目指すばかりでなく、別の方法での収益つまりスワップ金利で収益を上げることをまず初めのゴールにして始めてみましょう。当然ですが、少しの間に為替変動の影響でマイナスがたくさん膨らんでしまうこともあります。そういう訳で、大きな差損にも耐えられるようにレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をできるだけ少なめで売り買いすることが重要です。FX(外国為替証拠金取引)は為替差損が一定額を超えて広がると追い証が必要になったり、ロスカットがかけられたりします。損切りになってしまったらすぐにやり取りを終わりにしなければならず長期の投資がダメになります。こういうリスクを避けるには、レバレッジ2〜3倍にしてやり取りするべきです。第二に中期の投資のやり取りについてです。中期のスタンスにおいては最長でも2ヶ月程度経った頃を見越してのやり取りであります。為替売買の場合、約1ヶ月ほど先のことであれば、おおよそ、先読みしやすいと思われます。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)の類の会議や、為替市場で売買している人たちがどんなところに着目しているかを調べれば、そこそこ予想がつくでしょう。こういったファンダメンタルズをチェックしつつチャートをチェックすることで為替の相場の動きを把握し買いか売りかを見定める方がいいと思います。基本的に経済の基礎的条件とテクニカルのどっちも良い状況でありあるいは買いが同じ時は、だいだいそのまま動くと考えて良いでしょう。保有高を増やすことによってもっと大きい儲けを手に入れられるはずです。第三に短期の重要点です。この短期トレードとはつまりはデイトレードを指しています。為替で日計り取引を行う時はファンダメンタルズは絡まないと断言していいです。なぜかというと次の日の為替のレートの動向に、経済の状況は関係がないからです。この場合の、一番の重要ポイントは大きい出来事がある時そのおかげで為替のレートが動くタイミングを見落とさないようやり取りしましょう。たとえば、米国にて雇用情勢が公表されるあるいは金融会議等によって金利が変化するほどのこと。このようにチャンスに動きを逃してはいけないというわけで、短期のトレードでは技術的な情報が必要となる。

Copyright © 2002 www.boble69.com All Rights Reserved.