通常の経験の浅い方向けの外為取引のテキストでは、「損失が生じたケースではナンピンをすることによってポジションの平均をコストをコントロールする事が出来る」等書かれていると思いますがこれにはかなりのリスクがあると考えます。福袋 人気

まずはじめに、ナンピン買いの方法に関してごく簡単に述べます。ワキガ チェック

仮に1ドル100円でドルを買ったとする。SIMフリー 電話番号

$買いですので円安ドル高に進むほど黒字が出るわけですが不幸にして1ドル=95円まで円高ドル安が進んでしまった。ホソカワミクロン化粧品 口コミ

そのままの場合ポジションを保持し続けたら損失が戻るためには、5円分、ドル高が進まなければなりません。ロスミンローヤル 口コミ

誰もが、損は出来るだけ早く戻したいと願うでしょう。クラチャイダムゴールド 口コミ

そこで最初に売り買いしたのと同じ分の$を1ドル95円で取引します。ワキガ 対策

すると、ポジション全体の単価は97円50銭まで引き下げることができます。クラチャイダムゴールド 口コミ

要するに、2.50円の幅でドル高に向えば、赤字を回復できる。ライザップ リバウンド

それが、ナンピンの方法です。両刃カミソリ

こういうふうに、ナンピンの理論を聞くと「ごもっとも」と思ったりするがマーケットは易々と思うようにはいきません。

だいたい、1ドル=95円が底だということなど、誰一人として分かるわけがありません。

例として、相場がかなりの円高ドル安基調であれば、95円では下げ止まらずに、よりドル安に進む確率は高くなります。

仮に、1ドル=97.50円でナンピン買いをした場合に1ドル=95円まで円高になっとしたならばナンピン買いしたポジションにも、マイナスが生まれます。

これでは、初めに売買したドルとあわせて、倍のマイナスを被ることになる。

このように、ナンピン買いは大変です。

では、外国為替市場が自らの脚本とは逆の方向にすぐに向う場合、どんな手法で危機の確率を避ければいいのでしょうか。

この場面では取るべき道は2つしかありません。

まずひとつめは潔く、損失を確定する事です。

もうひとつの方法としては、その時に、保有している買いポジションを少なくする事によってもう一度外国為替市場が戻るのを大人しく待つ事です。

相当後ろ向きな対策だとみる投資家もいると思います。

だがしかし、自分の買いポジションにマイナスが出た時最も効果のある手法はこれ以外にはあるはずがありません。

考え方としては、ナンピンをするという考え方もあるように思えます。

だがしかしナンピンは、自分が損失を出している場面で、買いポジションを小さくするどころか、逆にポジションを積み重ねていく手段です。

それでは、危険を回避することなどどう頑張っても可能ではないと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いをしていけばその内儲けが出るかもしれません。

だけど、そうなる先に資金は足りなくなってしまいます。

Copyright © 2002 www.boble69.com All Rights Reserved.