借金の引き落し方式というものはカード会社それぞれで相当相違というものがありまして、多様なメソッドがとられております。

基本的にはスライド法やリボルディング払法などが導入されているようです。

そしてかような誰しもが知っているリボルディングでも実を言うと勘定様式に多くの様式といったものがあったりします。

ゆえに其の形式に応じて支払合計金額が違ってきてしまうわけですから理解しておいて損なことはないでしょう。

理解しやすくこれらの方式のずれを解説していきましょう。

最初は元金均等払いその次は元利均等払いです。

両者はその名のとおり元本に関してを一様に返済していくというものと元金と利子に関して一緒にして均分に返済していこうという手法です。

今回のケースではもしも10万円カードキャッシングしたとし実際いかなる算定をするのかみてみましょう。

利子はどちらも15%と設定し試算します。

更にまたリボなどの返済額を1万円というふうに考えます。

差し当たって元金均等払いです。

このケースの1回目の返済については1万円に対して利子分1250円を合計した返済額になります。

次の支払いについては1万円に対して利息の1125円を計上した返済になります。

かくして10回で支払を終わらせると言う方法になります。

これに対して元利均等払いというものは最初の引き落しについては1万円ですが元本に8750円利率へ1250円といったようにして割り振るのです。

次回の引き落しに関しては元金が8750円に減った状態で利息を勘定して1万円を更にまた割り振ります。

換言すれば、元利均等払いのケースでは10回で支払が終了しないという計算になるのです。

こればかりの差異で両方がどれほど変わっているのかたっぷりとわかってもらえたでしょう。

元利均等は元金均等と比べて顕然と元金が減少していくのが緩やかというような短所というのがあったりするのです。

すなわち利息をおおく支出するという状態になるわけです。

一方で最初の引き落しが少なくて落着するというようなプラスも存在したりします。

かかる支払い方式などのギャップにより、返済金額というものは違ってきますのでご自身の好みに合った方針を取るようにしていきましょう。

Copyright © 2002 www.boble69.com All Rights Reserved.